本と絵「漂砂のうたう」




































「本と絵」とは、本を読み、頭に浮かんだ絵を描くシリーズです。

題名「漂砂のうたう」 
作者 木内昇 
出版 集英社 

あらすじ(集英社web文芸サイトよりhttp://renzaburo.jp/hyousa/)
江戸から明治に変わり十年。御家人の次男坊だった定九郎は、御一新によってすべてを失い、根津遊廓の美仙楼に流れ着いた。立番(客引)として働くものの、仕事に身を入れず、決まった住処すら持たず、根無し草のように漂うだけの日々。
ある時、賭場への使いを言いつかった定九郎は、かつて深川遊廓でともに妓夫台に座っていた吉次と再会する。吉次は美仙楼で最も人気の花魁、小野菊に執心している様子だった。時を同じくして、人気噺家・三遊亭圓朝の弟子で、これまでも根津界隈に出没してきたポン太が、なぜか定九郎にまとわりつき始める。
吉次の狙いは何なのか。ポン太の意図はどこにあるのか。そして、変わりゆく時代の波に翻弄されるばかりだった定九郎は、何を選びとり、何処へ向かうのか――。



<絵について>

雨の音。物音。雑踏の音。いろんな音が聴こえてくるような
表現豊かな文章にひきこまれた。雨のシーンがよく出てきたこと、遊郭の中で
光る一人の花魁の存在、生簀で飼われている金魚と自分を重ねる主人公の気持ちが
痛く印象に残ったので、雨、花魁、金魚を描くことに。
調べていくと「金魚玉」と呼ばれる小さな金魚鉢が江戸時代から
金魚売りが売っていたと知って、このような絵になった。
最初は金魚鉢にしようかとも思ったけれど、金魚鉢よりも狭い金魚玉の方が、
窮屈な場所で生きざるおえない登場人物たちの心情を表現できそうな気がした。

文中に出てくる色の名前も素敵で、花魁が着ていた「緋色の襦袢」や、落語「牡丹灯篭」のお露が
着ていた「燃えるような緋縮緬」という言葉が頭に残り、金魚玉をもつ手元に赤をのぞかせてみた。
その他にもお納戸色、金襴、紅、藍、鴬、藤色、秋草色染めなど色の名前がひとつひとつ素敵だ。
なぜ今その名前で呼ばないのだろう。
西洋に魅せられて、自国の素敵なものを過去においてきているような気がする。





イラスト | ヤク


























イラスト | ヤク

編み物をしたくて、先月までショールを作っていて、
作り方を教えてくださった方と同じ毛糸にしようと取り寄せたのが
ヤクという動物の毛糸でした。

色々と調べていくうちに、毛だけではなくミルクやお肉も活用されていたり、
人には運べない大荷物を背負って山を歩いたり、鮮やかな装飾をされて
観光客を乗せたりしていることを知りました。
私には行けそうもない高地に住んでいて、そんな遠くから
色々な人たちのもとへ渡って、ここにその毛糸があるのかと思うと、
とても感慨深かったです。

絵に描いたような女の子達がヤクと友達のように接しているかはわかりませんが、
そんなのほほんとした時間があってもいいかなと思い、描いてみました。


お知らせ:絵本巡回展

◇展示のお知らせ◇

坪田譲治生誕130年 特別展
「現代絵本作家が描く譲治作品の世界」

一昨年行われたギャラリーまぁるでの絵本展の
巡回展が岡山県にある吉備路文学館にて開催されます。

◇場所 吉備路文学館

〒700-0807 岡山市北区南方3-5-35
電話番号:086-223-7411

◇日時 3月3日−5月31日
4月21日(月)~  5月7日(木)は休館となりました。

(毎週月曜、3月21日、4月30日、5月7日休)
     9時30分−17時

◇参加作家◇
いちかわかおり
太田裕子
小川ナオ
長田結花
筧智子
CANOO
shizuka
柴田優子
清水あかね
長尾昌枝





展示のお知らせ「長靴をはいたりはかなかったりした猫のこと」展

 


2月に展示に参加します。 

『長靴をはいたりはかなかったりした猫』

場所 | もりのこと 
         東京都杉並区西荻北4-9-3

日時 | 2月6日(木)-2月16日(日) (10.11.12 休)
         12:00-19:00 

出展作家
片岡 まみこ (版画、他) 
清水 あかね (イラスト)
和田 治男 (木彫り)
bonhanco (版画)
























あけましておめでとうございます
2020年もコツコツと描いていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします

イラスト|本の部屋

本にまつわることを何かしたいなと思い応募した「本の日 ブックカバー大賞」でイラストレーション編集長賞をいただきました。いつか本やブックカバーのお仕事がしたいので、一歩近づいた気がしました。ありがとうございました。